日報システムなどの営業支援系システムを導入しても

 ・手間がかかって続かない
 ・データの入力が目的となり、活用ができない。
 ・営業の分析のみでよいのか…

などこのような悩みを抱えてはいないでしょうか?
システムを導入すれば全てが解決する訳ではありません。
日報システムに限らず、WEBシステムを導入する際に、守らなければならないことが3つあります。

 1.システム導入の目的をはっきりさせる。
 2.目的達成のための役割分担を行う。
 3.どのような人が使うかを想定する。

この3つを守れば、使えない非効率なシステムとは無縁となるでしょう。

1.システム導入の目的をはっきりさせる

何のためにシステムを導入するのかをはっきりさせます。
「あれもこれも」と次から次へとやりたいことをふやしてしまうと
、実際に運用を始めると作業が複雑になりがちです。
特に日報システムなどの営業支援系システムは、
毎日の作業が必要となります。
複雑化したシステムは、入力者のやる気を削いでしまいかねません。

2.目的達成のための役割分担を行う

誰が、何を、何のために行うかをしっかり決める必要があります。
これを行うことにより、システムに何が必要かがより具体化できます。

3.どのような人が使うかを想定する

どの部署が使用するかだけでなく、どのような人が使用するかをしっかりと想定しましょう。
使う人のパソコンなどのスキルに合わせてデザインや用語を選択することにより、システムの使用方法の説明などが最小化できます。

まとめ

システム導入の目的、運用開始後の使用者のことなどをしっかりと考えることが効果的なシステム導入につながります
もし、目的を具体化できない、社内のスタッフの意思確認が難しい、使いやすいデザインや用語の選定ができないなどお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。最適な解を提供いたします。

お問い合わせはこちら