アクセス解析データの活用は設定が重要

多くの企業サイトには、googleが無料で提供している【googleアナリティクス】を導入されていると思います。
ただ、導入していてもそのデータを有意義に活用できている企業は決して多くないと感じています。

活用できない3つの理由

活用できないのは3つの理由があると考えています。

1.どのようなデータが必要かをはっきり決められていない
2.googleアナリティクスを初期設定のまま使用している
3.googleアナリティクスと他サービスとの連携を行っていない

1.どのようなデータが必要かをはっきり決められていない

そのWEBサイトは、何を目的としているのでしょうか?

・問い合わせ
・商品の購入
・会員登録

など様々な目的があると思います。
その目的が意図したとおりに達成できているかどうかを知るために、アクセス解析は重要な役割を担います。

例えば問い合わせが目的であれば、問い合わせの数や訪問者数だけでなく、
下記のような情報を把握する必要があります。

・検索キーワード
・どこから来たのか
・端末の種類は?
・アクセス元の地域は?
・サイト内のどのページを閲覧したか
・滞在時間は
・何度目の来訪か
・問い合わせページまでたどり着いたのか
・問い合わせした人としなかった人の相違点は?

これだけの情報が網羅的に把握できば、WEBサイトやプロモーション自体の改善に役立てることができます。
逆説的には、これらの情報を把握できなければアクセス解析は改善に役立たないといえます。

WEBサイトの目的に付随する知る必要のある情報をしっかりと決定する。

2.googleアナリティクスを初期設定のまま使用している

欲しい情報を決定できても、googleアナリティクス上でちゃんと確認ができないと効率的な活用は難しいです。
多くのgoogleアナリティクス導入サイトでは、コンバージョンの設定を行っているのではないでしょうか。例えば、問い合わせページのサンクスページや会員登録終了ページなどを設定されていると思います。


サンクスページ例

しかし、コンバージョンの設定だけでは欲しい情報を効率的に取得することが難しいこともあります。

これを解決するために、活用いただきたい機能が【カスタム】機能です。

マイレポート機能では、解析データを一つのレポートにまとめることができます。
ギャラリーには、さまざまな切り口でまとめたレポートが公開されていますので一から設定しなくてもレポートの設定が可能です。

カスタムレポートでは、より複雑な組み合わせでのデータ出力が可能です。

以上のような機能を使用すれば、より効率的にデータ収集が可能になります。

効率的なデータ収集には【カスタム】を活用しよう

3.googleアナリティクスと他サービスとの連携を行っていない

googleアナリティクスだけでは、取得できないデータも別のサービスと連携することにより取得できるデータもあります。
例えば、
・googleの検索キーワード
・ページのどこまでが見られたか
・どの外部サイトへ遷移したか
これらの情報は、アナリティクス単独では取得できません。
しかし、google search consoleやgoogle tag managerなどのサービスと連携することによりこれらの情報も取得することが可能になります。
設定方法などは、別の機会にご紹介させていただければと思います。

googleアナリティクス単独では難しいデータ収集も外部サービスとの連携で可能に

アクセス解析は改善への第一歩

アクセス解析は、しっかりと設定を行っていれば日々のチェックも効率的に行えます。
また、だれにでも理解できる形でレポート設定を行っていれば、会議などでの活用も容易となります。
フォーサイトクリエイションでは、アクセス解析の最適設定のお手伝いも行っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら