増える決済方法

実店舗でも、様々な決済方法が選択できるようになりました。
現金、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済などがあります。

オンラインの世界でも、決済方法の多様化が進んでいます。
オンライン決済の主流はクレジットカードでした。その理由は、

 消費者側
 ・いつでも決済が可能
 ・条件によっては、購入商品に保証がつく

 ECサイト運営側
 ・入金を待つことなく発送が可能
 ・代金未回収のリスクが小さい

などが挙げられます。

しかし、下記のようなデメリットもあるため
クレジットカード決済が万全の決済とは言えません。

 消費者側
 ・クレジットカードを所持していないこともある
 ・クレジットカード決済に対する不正使用などのリスク

 ECサイト運営側
 ・クレジットカードの情報漏えいのリスク
 ・不正に使われた際は、ECサイト側に返金の義務が発生してしまう

このため、代金引換、コンビニ決済、銀行決済、携帯キャリア決済などの決済についても
カバーする必要がありました。
ただ、これらの決済方法は下記の様なデメリットがあり、
ECサイト運営側としては、積極的に勧めることはありません。

デメリット
 ・代金引換
  手数料が高い。商品発送をしても受け取らないケースがある
 ・コンビニ決済、銀行決済
  入金の確認に時間がかかる。発送のタイミングが注文時に決定できない
 ・携帯キャリア決済
  格安スマホでは携帯キャリア決済が不可のものがある

消費者にとってもECサイト運営側にとってもリスクと手間の少ない決済方法が
求められています。

今、追加すべきおすすめの決済方法

上述の決済方法ではカバーできない部分を補完可能な
決済サービスをご紹介いたします。

後払い系決済
後払い系決済とは、購入の際には支払いを行わず
請求書が届いたあと、コンビニや銀行で支払うことのできる
決済サービスです。
商品については、注文に合わせて発送されることになるので
クレジットカードなどと同じタイミングで商品を受け取ることが
可能になります。

 メリット
 ・消費者側:支払いは商品が届いてから行える
 ・ECサイト側:決済代行業者が入金保証を行うので、注文と同時に発送が可能になる

 デメリット
 ・消費者側:支払いの際に、コンビニや金融機関に行くことが必要になる
 ・ECサイト側:ECサイト自体にシステムを導入する必要があり、手間がかかる

電子マネー系決済
SuicaやICOCAに代表される交通系電子マネーや
Amazon payなどの企業系電子マネーがあります。
電子マネーの特徴は、

 メリット
 ・消費者側:クレジットカードを持てない人でも利用できる
 ・ECサイト側:未回収リスクが少ない

 デメリット(ECサイト側)
 ・チャージした分だけ利用可能なので、限度額が小さくなりやすい(プリペイド方式の場合)
 ・不正利用の可能性がある(ポストペイ方式の場合)
 ・ECサイト自体にシステムを導入する必要があり、手間がかかる

スマホ・QRコード系決済
paypayやLINEPay、楽天Payなどのスマートフォンで表示する
QRコードを使用する決済サービスです。
実店舗では、様々なキャンペーンもあり広がりつつありますが、
オンライン決済となるとまだまだ利用は少ないです。

 メリット
 ・消費者側:クレジットカードよりも還元率が高いサービスがある
       クレジットカードが不要なサービスがある
 ・ECサイト側:リアルタイムに入金確認が可能

 デメリット
 ・消費者側:クレジットカードが必要なサービスもある
 ・ECサイト側:ECサイト自体にシステムを導入する必要があり、手間がかかる

まとめ

ECサイトで求められる決済手段も
実店舗と同様に多様化が進んでいます。
後払い系決済、電子マネー決済、スマホ・QRコード決済などは
クレジットカードと同様に、入金確認がリアルタイムで
行えることから、導入をおすすめします。

フォーサイトクリエイションでは、ECサイトの運用の見直し等もお受けしています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら