フォーサイトクリエイションです。

既報の通り新卒一括採用を巡る就活ルールが大きく変わろうとしています。
では、新卒一括採用は終焉を迎えるのでしょうか?

新卒一括採用は終わる?

そもそも新卒一括採用は、日本の高度経済成長時代から実施されたもので歴史としては短い間のことでした。
様々な、企業活動において【ある程度のスキル】を持った【たくさんの人材】が必要だった時代。
そのため、大量に新卒を入社させて、社内でその企業独自のスキルを教育し、
企業活動を行ってもらう、このために新卒一括採用が求められたという面があります。

しかし、現在はどうでしょうか?
多くの企業は、キャリア採用だけでなく新卒者にまで【即戦力】を求めます。
しかし、その採用方法といえば、旧来型の【新卒一括採用】。
企業側の欲しい人材を、先行するための採用方法であるとは言えません。
その理由は、すでに述べたとおり【新卒一括採用】が社内での【教育】が前提と
なっているため、【即戦力】かどうかでの選考に適していないためです。

キャリア採用であれば、今までの個人の実績など判断が可能ですが、
新卒者が即戦力かどうかはどうやれば見極められるのでしょうか?
最も確実なのは、実際に試してみることです。
これを行うのが、インターンシップと言えるでしょう。
しかし、インターンシップを有効活用できている企業はまだまだ少なく、
採用担当者に対するアンケートでも、「インターンシップを活用することができない
という項目が上位にきています。

実は、インターンシップがうまく活用できない理由も
新卒一括採用にあるのではないかと思います。
結局インターンシップも、新卒一括採用のルールに合わせた
時期に限られた期間で行いますので、どうしても本質を捉えることが
できないと思われます。

このように、新卒一括採用の方式は現在の多くの企業が求める
即戦力を採用したいというニーズにはあっていないと思います。

新卒一括採用は終わらない

新卒一括採用は終わる。かのうように述べてきましたが、
一概に終わるとも言えないと思っています。

例えば、ポテンシャル採用を重視し、社内教育がしっかりと確立されている
企業の場合、新卒一括採用は最も適した採用方法と言えます
新卒者の現在のスキルではなく、ポテンシャル(潜在能力)さえ見極めることが
できれば良いのです。

ただ、面接や筆記のためだけのスキルを身につけた新卒者と本当にポテンシャルを持った
新卒者の違いの見極めは大変難しくなってきました。

こういった意味では、新卒一括採用は終わらずとも、
旧来型の書類選考→筆記試験→面接 というような選考方法は
見直す必要があると思います。

これから必要となる企業の採用に対する考え方

新卒一括採用が終わるのか終わらないのかで述べてきましたが、
企業が欲しい人材を確保には、終わる終わらないというようなことに
左右されないことが必要です。

採用に対して必要なことは、
企業側が、
・今後の目標は何なのか
・目標を達成するにはどのようなことをする必要があるのか
・そのことを実行するにはどのような人材が必要なのか
・その人材を確保するためには、どのような選考を行うべきか
とうことを考えられるかどうかだと思います。

今までのように、新卒一括採用ありきで考えるのではなく、
自分たちの企業としての目標を達成するには、どのような採用を
行うべきかという、ことを大前提に考えることが重要です。

どのような選考を行うべきかお悩みの場合は

フォーサイトクリエイションでは、
クライアント様の企業としての目標を分析し、
その目標を達成するにはどのような採用戦略が必要かを
ご提案させていただいております。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら